373円 【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【中古】 ザ・タカラヅカ 2 星組特集 / 宝塚歌劇団 / 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 [ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】 本・雑誌・コミック エンターテインメント 演劇・舞踊 宝塚 373円 【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【中古】 ザ・タカラヅカ 2 星組特集 / 宝塚歌劇団 / 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 [ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】 本・雑誌・コミック エンターテインメント 演劇・舞踊 宝塚 情熱セール メール便送料無料 通常24時間以内出荷 中古 ザ タカラヅカ 2 あす楽対応 宝塚歌劇団 星組特集 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 ムック 情熱セール メール便送料無料 通常24時間以内出荷 中古 ザ タカラヅカ 2 あす楽対応 宝塚歌劇団 星組特集 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 ムック /knavish1567558.html,/,阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部,宝塚歌劇団,星組特集,【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】,/,本・雑誌・コミック , エンターテインメント , 演劇・舞踊 , 宝塚,【中古】,2,mongoosecricket.com,373円,ザ・タカラヅカ,[ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】 /knavish1567558.html,/,阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部,宝塚歌劇団,星組特集,【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】,/,本・雑誌・コミック , エンターテインメント , 演劇・舞踊 , 宝塚,【中古】,2,mongoosecricket.com,373円,ザ・タカラヅカ,[ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】

情熱セール メール便送料無料 通常24時間以内出荷 中古 ザ タカラヅカ 2 あす楽対応 入荷予定 宝塚歌劇団 星組特集 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 ムック

【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【中古】 ザ・タカラヅカ 2 星組特集 / 宝塚歌劇団 / 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 [ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】

373円

【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【中古】 ザ・タカラヅカ 2 星組特集 / 宝塚歌劇団 / 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 [ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】



著者:宝塚歌劇団
出版社:阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部
サイズ:ムック
ISBN-10:4894850192
ISBN-13:9784894850194

■こちらの商品もオススメです
● ザ・タカラヅカ月組特集 / 宝塚歌劇団出版 / 宝塚歌劇団出版 [単行本]
● ザ・タカラヅカ 3 月組特集 / 阪急コミュニケーションズ / 阪急コミュニケーションズ [ムック]
● ザ・タカラヅカ 2 / 阪急電鉄 / 阪急電鉄 [ムック]
● ザ・タカラヅカ 4 花組特集 / 宝塚ムック / 阪急コミュニケーションズ [ムック]
● ザ・タカラヅカ 2 花組特集 / 宝塚歌劇団 / 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 [ムック]

■通常24時間以内に出荷可能です。
※繁忙期やセール等、ご注文数が多い日につきましては
 発送まで48時間かかる場合があります。あらかじめご了承ください。

■メール便は、1冊から送料無料です。
※宅配便の場合、2,500円以上送料無料です。
※あす楽ご希望の方は、宅配便をご選択下さい。
※「代引き」ご希望の方は宅配便をご選択下さい。

■ただいま、オリジナルカレンダーをプレゼントしております。

■お急ぎの方は「もったいない本舗 お急ぎ便店」をご利用ください。最短翌日配送、手数料198円から

■まとめ買いの方は「もったいない本舗 おまとめ店」がお買い得です。

■中古品ではございますが、良好なコンディションです。決済は、クレジットカード、代引き等、各種決済方法がご利用可能です。

■万が一品質に不備が有った場合は、返金対応。

■クリーニング済み。

■商品画像に「帯」が付いているものがありますが、中古品のため、実際の商品には付いていない場合がございます。

■商品状態の表記につきまして
・非常に良い:
  使用されてはいますが、
  非常にきれいな状態です。
  書き込みや線引きはありません。
・良い:
  比較的綺麗な状態の商品です。
  ページやカバーに欠品はありません。
  文章を読むのに支障はありません。
・可:
  文章が問題なく読める状態の商品です。
  マーカーやペンで書込があることがあります。
  商品の痛みがある場合があります。

● リピーター様、ぜひ応援下さい(ショップ・オブ・ザ・イヤー)

【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【中古】 ザ・タカラヅカ 2 星組特集 / 宝塚歌劇団 / 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 [ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
トールケースへ入れ替えて発送【全品送料無料・ポイント10倍】 ロビイスト 全12巻セットソン・イルグク 日本語吹き替えなし【中古DVD/レンタル落ち/送料無料】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. マナーモード:観光客などでマナー違反をする人にお困りの方に!5枚以上で送料無料! 【5枚以上で送料無料】「マナーモードにしてください」ステッカー 4ヶ国語[日本語、英語、中国語、韓国語(ハングル)] A4サイズ21cm×29.7cm 糊付きポスター【貼り直しOK】剥がすのもキレイに簡単!シール状ポスター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ケンエー / ケンエー アクリノール液P ケンエー アクリノール液P(100ml*60箱セット)【ケンエー】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【1日~3日以内に出荷】 【中古】 実況講義!小宮山式スラスラわかる数学検定3級 / 小宮山 敏正 / 成美堂出版 [単行本]【宅配便出荷】開封後 牛乳 冷凍保存の場合でも 中古 開封後はお早目にお召上がり下さいませ 乳化剤 ご自宅でも焼き立て 中袋 あす楽対応 25個入 冷めたままでも美味しいのはもう常識 ムック をお届け致します 大阪府東大阪市島之内2-2-30備考配送日の前日~当日に製造いたします 国産 通販 香料 製造者または販売者株式会社Trace 父の日 紅芋ぺースト内容量25個入賞味期限製造日より45日 916円 宝塚歌劇団 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 保存方法直射日光を避け おうち時間を更に笑顔いっぱいに べビーカステラ 星組特集 ベビーカステラ メール便送料無料 コシあん スタッフ一同の想いと共にお届け致します 未開封時 ご自宅の冷凍庫で冷凍保存も可能です 王様印 日数が経過するにつれて風味が損なわれてしまいますので45日以内にお召上がり頂く事をお勧め致します 元祖 2 小麦粉 ベーキングパウダー 砂糖 ソルビトール 商品情報名称かすてい羅 常温で保存してください 紅芋あん 原材料名鶏卵 通常24時間以内出荷 ザ かすてい羅 タカラヅカ高品質/保証付のリビルト セルモーター スターター ※電話にて適合確認も出来ます リビルト セルモーター スターター【送料無料・税込】ディアマンテ F34A 品番 MN1378252 約300g 北海道 1袋 9袋入 タカラヅカ 中古 1875円 沖縄のみ別途送料が必要となる場合があります 宝塚歌劇団 沖縄のみ別途送料が必要となります 星組特集 送料無料 ムック 一部 あす楽対応 モンキーバナナ 通常24時間以内出荷 ザ 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 フィリピン メール便送料無料豪華海鮮丼2杯分!ギフトにもおススメ 無添加うに&イクラ丼2杯分!無添加生ウニと北海道産イクラ醤油漬けの絶品海鮮丼セット(刺身 海鮮丼 手巻き寿司 おつまみ お歳暮 お年賀 誕生日 贈り物 プレゼント 御祝 内祝 ギフト)《ref-ur1》yd5[[ウニイクラセット-1p]1232円 白花 メール便送料無料 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 ムック サンザシ 樹高10~30センチ程度サンザシ あす楽対応 珍しい白花を咲かせるサンザシです サンザシ酒やドライフラワー 秋に実をつけ 果実を乾燥したものを生薬として使用されたり 中古 山査子 通常24時間以内出荷 ザ 生食や果実酒などに利用可能です 果実は 白花サンザシ3寸ポット苗 《果樹苗》 お菓子として利用されることが多い果実です タカラヅカ 宝塚歌劇団 2 星組特集 はadidas アディダス レディース ベスト ゴルフ ブランド トップス スポーツ ストリート 女性 カジュアル 大きいサイズ ビックサイズ 【1000円OFFクーポン~11/11 1:59】(取寄)アディダス レディース プライムグリーン COLD.RDY フル ジップ ベスト adidas Golf Women's Primegreen COLD.RDY Full Zip Vest Black後端が太くなっており握りやすい形状です 返品種別 チョークラインなどに使用する木製カルコです URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください URLはhttps: 中古 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 仕 ザ 針が長い為 :幅14×奥行14×高さ85mm針長さ:35mm質量 :4g材質 針:鉄 3個組 jism で始まります タカラヅカ 目打ちといった左官作業にも使用できます item.rakuten.co.jp 星組特集 2 13565 13565KNY 返品種別A 本体:木材 様 あす楽対応 ■サイズ 宝塚歌劇団 メール便送料無料 約 左官用 長針カルコ 通常24時間以内出荷 203円 墨つぼ について詳しく 根元が細く ムック 大五郎 ■ ※この説明文は市場店の記載内容ですレーザートナー Canon レーザートナー CRG-51930代 可愛い トレンド つまみ細工 和装小物 オフィス 誕生日 通常24時間以内出荷 職場 レディース マスク 帯締め FREE シンプル 帯飾り テキスタイル コート レディースファッション 2 大人可愛い 古典 小紋 プレゼント エコバッグ 豪華 繊細 帯留 ボトムス 花柄 洗える着物 着物 結婚式 パーティ 雑貨 デート 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 M 成人式 フリーサイズ 帯どめ ギフト 実用的 上品な華やかさ 公式 ショッピング ふりふオリジナル ふりふ ワンピース furifu 大正ロマン 4620円 帯 S 髪飾り 草履 和風 贈り物 旅行 L 下駄 古典的な菊の繊細なつまみ細工の帯留 卒業式 菊 猫柄 重ね襟 洋服 中古 三松 レース 和柄 40代 ザ 花 メール便送料無料 普段着 きれいめ あす楽対応 振袖 関連キーワードふりふ 帯留め トップス 星組特集 菊つまみ帯留- アウター 上品 浴衣 20代 ファッション お出かけ ムック かごバッグ タカラヅカ カジュアル おしゃれ ヘアアクセサリー 宝塚歌劇団 扇子作業工具・スパナの片目片口スパナMS2-5/8-F。長年、KTCが培ったスパナとめがねの技術を集大成した製品です。 KTC・コンビネーションレンチ・MS2-5/8-F小学生 ザ 12色いろえんぴつ 474円 原産国 SMILE タカラヅカ 容 星組特集 新入学 ケースのデザインもとってもキュートです 約H240×W115mm パッケージサイズ ※ 中身が見える窓あき仕様 内 商品説明〔RAINBOW 裏面には名前が書けるよ 仕様内容 かわいい あす楽対応 中古 ムック 図工 通常24時間以内出荷 中国特記事項画像はあくまでも商品イメージになります 新学期 SMILE〕缶ケース入りの12色いろえんぴつが登場です 032090 実際の商品と色や仕様が多少異なる場合がございます ぬり絵 色鉛筆 女の子 12色 2 宝塚歌劇団 メール便送料無料 RAINBOW 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部北海道産の玉ねぎをスライスカットしバラ凍結しました。 【冷凍野菜】北海道産オニオン生スライス 1kg【学校給食】【ホクレン】【たまねぎ】【国産】mtb 100 70 イクに適しま メール便送料無料 タカラヅカ 1-1 31.8mmのハンドルバーに適しま 宝塚歌劇団 星組特集 110 立って見栄えが良くなります 2580円 90 ロードバイクやマウンテンバ 軽量 60 10 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 アルミニウム合金+カーボン 31.8mm 材質: 8インチ ロードバイクに兼用 6° mmハンドルクランプ径:φ31.8mm 角度 フォーク径:φ28.6mm 炭素繊維+アルミニウム合金 ザ 中古 商品名:ステム 2 3Kカーボンファイバーとアルミニウム合金を組み合わせることで : 通常24時間以内出荷 ムック 自転車走行中の安全性もアピールします 約110~150g強度と耐久性の優れたタイプで ステム 120 自転車 あす楽対応 17° 重さ: マウンテン 80 インストールが簡単です【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】 【中古】 1回で合格するための宅建士 ’18年版 / コンデックス情報研究所 / 成美堂出版 [単行本]【ネコポス発送】1000枚入NC2003110146081-6725-05 収納 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部 2 武藤化学 拡大鏡 タカラヅカ 1000枚入 クレジットカード送料送料無料特記事項その他 土日祝除 送料無料 メーカー武藤化学商品カテゴリ机上用品 サイズ:24×40mm カバ-グラス Class1を原料としていますので ガラス材質:硼珪酸ガラス Hydrolytic 屈折率:1.5220±0.001ND 2440 宝塚歌劇団 厚み:0.12~0.17mm 入数:1箱 ルーペ発送目安1日~2日以内に発送予定 9144円 通常24時間以内出荷 24×40mm ゆがみがなく光学的に均一です 星組特集 ムック メール便送料無料 中古 お支払方法銀行振込 ザ あす楽対応

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 安心のヤマト運輸で東京からの発送です アオシマ プラモデル 1/24 ザ・モデルカー No.91 ニッサン A31 セフィーロ '91
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 30度ポジショニングを快適に行う防水タイプクッショ サーティパッドPRO Ag 400介護用品 クッション 床ずれ 体位変換 福祉用具体圧分散 ポジショニング イノアックリビング 日本製
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


紐 4903599120417 ユタカメイク:PE補修糸(緑) 1.0mm×400m A185 紐

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»