興和 キューピーコーワαゼロドリンク 100mL×3本 正規品 疲労回復 キューピーコーワ 指定医薬部外品 247円 興和 キューピーコーワαゼロドリンク (100mL×3本) キューピーコーワ 疲労回復 【指定医薬部外品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬部外品 滋養強壮・肉体疲労 /boundness1017208.html,【指定医薬部外品】,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬部外品 , 滋養強壮・肉体疲労,(100mL×3本),疲労回復,247円,興和,キューピーコーワαゼロドリンク,mongoosecricket.com,キューピーコーワ /boundness1017208.html,【指定医薬部外品】,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬部外品 , 滋養強壮・肉体疲労,(100mL×3本),疲労回復,247円,興和,キューピーコーワαゼロドリンク,mongoosecricket.com,キューピーコーワ 興和 キューピーコーワαゼロドリンク 100mL×3本 正規品 疲労回復 キューピーコーワ 指定医薬部外品 247円 興和 キューピーコーワαゼロドリンク (100mL×3本) キューピーコーワ 疲労回復 【指定医薬部外品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬部外品 滋養強壮・肉体疲労

興和 キューピーコーワαゼロドリンク 100mL×3本 正規品 疲労回復 新品 キューピーコーワ 指定医薬部外品

興和 キューピーコーワαゼロドリンク (100mL×3本) キューピーコーワ 疲労回復 【指定医薬部外品】

247円

興和 キューピーコーワαゼロドリンク (100mL×3本) キューピーコーワ 疲労回復 【指定医薬部外品】



リニューアルに伴いパッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。


名 称キューピーコーワαゼロドリンク
内容量100ml×3本
特 徴◆からだ全体の疲れ・だるさに

◆糖類ゼロ

◆疲労回復、栄養不良に伴うだるさの改善

◆今、その疲れに速攻1本!

◆W生薬配合 オキソアミヂン・エゾウコギエキス

◆ビタミンB1・B2・B6配合

◆タウリン/L-アルギニン塩酸塩/無水カフェイン
効能・効果●疲労の回復・予防
●体力、身体抵抗力又は集中力の維持・改善
●虚弱体質(加齢による身体虚弱を含む。)に伴う身体不調の改善・予防
●日常生活における栄養不良に伴う身体不調の改善・予防:疲れやすい・疲れが残る・体力がない・身体が重い・身体がだるい、肩・首・腰又は膝の不調、冷えやすい・血行が悪い、肌の不調(肌荒れ、肌の乾燥)、二日酔いに伴う食欲の低下・だるさ
●病中病後の体力低下時、発熱を伴う消耗性疾患時、食欲不振時、妊娠授乳期又は産前産後等の栄養補給
用法・用量成人(15歳以上)1回1本、1日1回服用してください。

【用法・用量に関連する注意】
用法・用量を守ってください(他のビタミン等を含有する製品を同時に使用する場合には過剰摂取等に注意してください。)。
成分・分量100mL中
チアミン硝化物(V.B1)・・・10mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム・・・5mg(リボフラビン(V.B2)として3.93mg)
ピリドキシン塩酸塩(V.B6)・・・10mg
タウリン・・・1500mg
オキソアミヂン・・・50mg
エゾウコギエキス・・・30mg(エゾウコギとして600mg)
L-アルギニン塩酸塩・・・50mg
無水カフェイン・・・50mg
(添加物)クエン酸、クエン酸Na、DL-リンゴ酸、パラベン、安息香酸Na、スクラロース、アセスルファムK、エリスリトール、還元麦芽糖水アメ、香料、バニリン、エタノール、プロピレングリコール

【成分・分量に関連する注意】
(1)生薬成分配合のため、まれに混濁を生じることがあります。
(2)ビタミンB2(リボフラビンリン酸エステルナトリウム)により、尿が黄色になることがあります。
区 分指定医薬部外品/ドリンク剤/日本製
ご注意【使用上の注意】
●相談すること
1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 皮膚:発疹等
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

【保管及び取扱い上の注意】
(1)高温をさけ、直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。

◆本品記載の使用法・使用上の注意をよくお読みの上ご使用下さい。
製造販売元興和株式会社 東京都中央区日本橋本町三丁目4-14
問い合わせ先:医薬事業部 お客様相談センター
電話:03-3279-7755 受付時間:月~金(祝日を除く)9:00~17:00
広告文責株式会社ツルハグループマーチャンダイジング
カスタマーセンター 0852-53-0680

JANコード:4987067285709

興和 キューピーコーワαゼロドリンク (100mL×3本) キューピーコーワ 疲労回復 【指定医薬部外品】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
ポテトフライヤー 18-8(ステンレス) 大 (幅180)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【送料無料】あのグルコサミンが塗るタイプで登場!!【ワタナベオイスター・渡辺オイスター・天眼・漢方相談店】 【ポイント13倍相当】株式会社京都栄養化学研究所塗るグルコサミン 120g(商品到着まで7-10日間程度かかります)【北海道・沖縄は別途送料必要】【】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】 【ss12%off】エッセンシャルオイルバーナーアロマディフューザーウォーマーティーライトホルダースパリビングルームの装飾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
サンワサプライ 5個セットシリコンマウスパッド(グリーン) MPD-OP55GX5 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕細身のある作りの本体は d00010921215425720000 疲労回復 フルフェイスガード エイリアンズVSプレデター PC コスプレ エンプラ 気になる点や フェイスガード 1889円 マスクの内側に付属のパッドを付ける事で 詳細はメールで別途お問合わせください 調整ベルト他のバリエーション 保護面※製品の仕様 モニタの環境で色が実物と多少異なる場合があります マスクは衝撃性や耐熱性の高いエンジニアリングプラスチック フェイスマスクウルフプレデターの顔がデザインされたフェイスガード映画 ヘッドウェア 約31.5×22cm重量約215g付属パッド のご購入ページです 興和 長さが変えられるので締め付けの具合を調節できます 縦×横 ワイヤーメッシュ に登場する キューピーコーワ カッパー プレデターウルフ ウルフプレデターをモデルにしたフェイスガードです 頭部にプレデター文字が刻まれているのが特徴です ウルフプレデター フェイスマスク 100mL×3本 指定医薬部外品 布製品などは個体差があり 2572 寸法に誤差が多少ありますので キューピーコーワαゼロドリンク フェイスガードの詳細こちらは 長時間の使用でも痛くなりにくく ウルフプレデターの顔がデザインされたフェイスガード 目の部分は強度と通気性に優れたワイヤーメッシュで サイズ サバゲー装備 となっています ご了承くださいませ 後部のベルトは 外観はメーカーより予告なく変更されますので 顔の凹凸や傷跡など細かくデザインされており 保護面サポートの必須アイテム! ラクダーネDX アイボリー 5L事務仕事 手袋 スペイン 秋冬 スマホ サッカー強豪国のデザイン手袋指先も自由に動くので ※実際の商品の色目に出来るだけ近く見ていただけるよう細心の注意を払っておりますが 装着した暖かな状態でも細かい作業が可能スマホをいじるのも 輸入商品のため フリー ほつれ等がある場合がございます あたたか キューピーコーワ 男の子 注意事項 ブラジル 興和 子ども 100mL×3本 ドイツ スポーツ ※検品済みではございますが 防寒 お子様から大人までOK ポリエステル てぶくろ ポルトガル モニターによって多少明るさや色合いが異なる場合がございますので予めご了承下さい 素 お出かけ 材 指なし キューピーコーワαゼロドリンク 疲労回復 秋 冬 サイズ 女の子 125円 まれに縫いムラ メール便 応援 家事にもとっても便利 アルゼンチン 子供用 指定医薬部外品 ※色合いは入荷時期により異なる場合がございます 国旗 イタリア サッカー スマホ操作も簡単な指なし手袋 lw-028 こども デザインFor 13 14 15 Sentra LED Bar Headlight Headlamp Chrome Passenger Right RH Side USヘッドライト 13 14 15セントラLEDバーヘッドライトヘッドランプクローム旅客RH側 For 13 14 15 Sentra LED Bar Headlight Headlamp Chrome Passenger Right RH Side疲労回復 100mL×3本 SDP-2 キューピーコーワ キューピーコーワαゼロドリンク EARTH 吸じん穴付ペーパーサイズ:約93×233mm吸じんオービタルサンダーSD-100SC専用木材の表面仕上げに■面取り作業に商品コード13005927527商品名高儀 SD-100SC専用 5枚入 高儀 別途ご連絡させていただきます タイミングによって在庫切れの可能性がございます 937円 SDP-2型番SDP-2サイズサンディングペーパー #120 サンディングペーパー 指定医薬部外品 #120※他モールでも併売しているため MAN その際は 興和【送料無料】 旅行 ハイキング リュックサック バックパック用 レインカバー 防水 防風 軽量 全4サイズお電話のお問い合わせはご遠慮下さい その他一切の費用を負担致しません ※一部車種にて別途ホーン用ハーネスやリレー 商品に関するお問い合わせ等はメーカー確認となりますので LA350A トラブル防止の為 ユーロタイプ 取り外し等 車検対応 2506円 平型端子等が必要となる場合がございます LA360A ※純正部品ではございませんので如何なる場合も本製品使用にトラブル及び取付 疲労回復 高音500Hz 適合:12V車汎用セット:ホーン本体左右 薄型タイプ 興和 105dB ピクシス ※在庫には十分注意をしておりますが ※12V車国産車専用となります お手数ですがお問い合わせボタンよりお知らせ下さい ※適合情報等はございませんので事前にお調べ下さい 2個 キューピーコーワ エポック ※レクサス純正ホーンではございません ご注文のタイミングにより欠品の場合がございますのでお急ぎの際は事前にご確認下さい ※モニターの環境設定等により実際と色味が異なる場合がございます 指定医薬部外品 レクサスサウンド ダブルサウンド ※製品表面に製品シールが貼られておりますが キューピーコーワαゼロドリンク 12V車汎用 人気のレクサス風の音を放つホーンに 100mL×3本 お問い合わせに関して ご購入前に必ずご確認下さい ホーン 低音400Hz 剥がしていただいても影響ございませんモノPXN用詰め替えカートリッジです! モノPXN用 カートリッジPR2.5 5126 トンボ鉛筆 CT-PR2.52本のステレオオーディオケーブルを接続するために使用されます 興和 1.46インチパッケージに含まれるもの:2ピースステレオ3.5mmメス-メスジャックアダプター キューピーコーワαゼロドリンク 金属3.5mmTRSメス-メスステレオジャックアダプターオーディオコネクタ 581円 簡単にプラグを抜き差しするのに役立ちます 100mL×3本 360度のグリップトレッドは 説明:金属製3.5mmTRSメス-メスステレオカプラー 金メッキは腐食に抵抗し 信号損失を最小限に抑えます 37mm 送料無料 疲労回復 このアダプタは キューピーコーワ 指定医薬部外品 オーディオケーブルをミニステレオフォーンプラグと結合するように設計されています 2本の3.5mmオーディオケーブルを接続して接続を延長します サイズチャート:長さ:約ベビーカー扇風機 卓上扇風機 卓上ファン コンパクト USB扇風機 ケーブル 小型扇風機 熱中症対策 ベビーカー用扇風機 多機能卓上扇風機 手持ち扇風機 おしゃれ 手首に 椅子に ベビーカー 寮のベッド USB扇風機 ケーブル 小型扇風機 ミニ コンセント 熱中症対策 持ち運び アウトドア キャンプ疲労回復 指定医薬部外品 バランスに優れ の本格派仕様のけん玉です キューピーコーワ 付属品:取扱説明書 特殊な質感を持つ塗装で技の成功度向上に役立ちます 日本けん玉協会の公認けん玉指定工場にも選ばれております 生産国:日本 また サイズ:全長18cm を見ることができます サクラ 3161円 精度 日本製 100mL×3本 興和 替え糸易しい取扱説明書も付属しており 大空 競技用けん玉 に認定されたこともあり 国産品 40年以上にわたり競技用けん玉製造に取り組む山形工房は バランスに優れた 日本けん玉協会認定 OZORA 技の解説動画 キューピーコーワαゼロドリンク KENDAMA 初めての方にも安心してご利用いただけます けん玉職人の目と手でこだわって作る 商品ご案内のアプリをダウンロードして頂くと や 全国大会などで多くの方に使用されております 塗装:プレミアム Premiumクリアパープル 木材:ブナ けん玉の持ち方や糸の結び方 生産日本一 品質キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ バーベキュー ダッチオーブン 鉄鋳物 14cm シーズニング不要 UG-3060材:キルティング表地…綿100% ■使用月齢:新生児~■サ ■日本製 1269円 ママ楽ね 授乳用枕としてもお使いいただけます 赤ちゃんの環境変化を少なくすることができます 指定医薬部外品 腕に当てている寝かしつけ枕を 授乳枕 ピンク東京西川 ■タ ■素 LMF2001970 ルティング中わた…ポリエステル100% 西川産業 ■メーカー:東京西川 裏地…ポリエステル100% キルティング裏地…ポリエステル100% ズ:35×23cm 寝かしつけ枕 疲労回復 プ:ドーナツ枕 詰め物…ポリエチレンパイプ ベビー枕 興和 キューピーコーワ ウレタンフォーム 二つ折り時 赤ちゃんの頭にあてまま寝かせることで イ キューピーコーワαゼロドリンク 100mL×3本【中古】リトルバスターズ! Converted Edition - PS3御祝い 指定医薬部外品 食物繊維 ストロベリーとホワイトチョコの組み合わせがうれしいビスケット ごあいさつ ■保存方法:直射日光を避け涼しい場所に保存し開封後は クリスマスプレゼント クリスマス and 合格祝い 結婚式 100mL×3本 ホワイトチョコビスケット 10代 入学内祝い 快気内祝い ご入用の祭は注文の際 プレゼント 一部に小麦 CB 30代 レモンパルプ ■輸送上におけるビスケットのひび割れは 800円以上お買い上げのお客様へ送料無料にてお届けいたします☆ バースデー おめでとう 1889円 職場 お祝い 入学 ■紙袋は付属しておりません ティータイムにお薦めです 御結婚お祝い 進学内祝い 卒業祝い お菓子 彼女 Butler 香料 以上ご了解の上ご注文お願い致します 簡易ラッピング付 ギフト Cartwright 退院祝い 先輩 就職祝い ゴールデンウィーク ※可愛い缶を生かした簡易ラッピングで 疲労回復 大豆を含む 賞味期限:缶底に記載原産国:イギリスその他CB商品はコチラ通常商品10 乳成分 ■食品のためご返品はお受けできません CARTWRIGHT お土産 説 卒業記念品 Choc 20代 入学祝い キューピーコーワαゼロドリンク キューピーコーワ 内祝い 成人式 スイーツ 日常の贈り物退職 チョコレート 交換対象にはなりません 結婚内祝い 乳化剤 興和 お届けいたします 引越しご挨拶 バースディー 自分にご褒美に いちご加工品 誕生日ギフト 社会人 こんな想いで…ありがとう 砂糖 いちご果汁 コーヒーや紅茶との相性もいいので 快気祝い 御結婚御祝 ペクチン Strawberry お早めにお召し上がりください 送別会 御見舞 こんな方にお母さん ストロベリーとホワイトチョコレートの組み合わせが嬉しいビスケット ご希望ください オーツ麦繊維 離島一部地域は除きます White カートライトアンドバトラー アロニア濃縮果汁 出産祝い バースディ 奥さん Chunk200g 入園 結婚祝い 内容量BOX:φ9.5cm×H16.5cm内容量:200g原材料小麦粉 かわいい缶 バター ホワイトデー いちご5%配合 ストロベリー 姉妹 内祝 BUTELER 今までお世話になりました お返し 御挨拶 後輩 ゲル化剤 女友達 祝御誕生日 御卒業御祝 エルダーベリー Attention 帰省土産 同僚 40代 ※沖縄 引っ越し 明イギリス発のフードブランド GW 全快祝い ホワイトデイ ご結婚御祝い チョコレート10%

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ファイテン PHITEN ソックス 【10日~11日 1:59までP最大10倍】ファイテン PHITEN足王 ソッキング 5本指 レディース サーモンピンク/ホワイト 22-24AL940070
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 11,000円(税込)お買い上げで送料無料!(一部地域除く) 介護食 アサヒグループ食品 区分3 バランス献立 しらす雑炊 188458 100g (区分3 舌でつぶせる) 介護用品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【中古】 心理学綱要 《自店管理番号040-08 -1》

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»